ごあいさつ

今世紀に入ってゲノム科学が本格化し、その結果これを支えるバイオテクノロジーは基礎から応用研究の広範囲にわたって目覚ましい勢いで進展しております。実業レベルでもバイオ技術の重要性は高く、先見力(技術の目利き)がなければR/Dを基盤とするバイオ系事業は失速すると言っても過言ではありません。

この度、“地域活性化の試みに、生物資源活用のための「バイオ技術Forum」を”

という発想の基に一般社団法人奥伊勢バイオサイエンスセンター(奥伊勢BSC/OBSC)が設立(平成25年9月17日)致しました。ここでは、地域性の高い生物資源を有効活用するためのバイオ技術に関する研究開発を主眼として「奥伊勢(バイオ技術)Forum」を開催します。そして生物資源の機能性評価や分析などに関する技術研修/開発で意見交換や討議を行い、経営戦略的要素も加味して会員間の交流と連携を深めることに貢献したいと考えております。

Think Globally, Act Locally!

設立時理事一同

奥伊勢Forum

経緯など
奥伊勢BSCでは、生物資源活用のためのバイオ技術に興味を持って参画された企業並びに個人の賛助会員がOpen Discussionできる場を提供し、必要に応じて技術指導を提供し、情報交換することで会員各位の研究開発の進展と連携を意図したForumを始めております。技術指導のモットーは

“LowテクがなければHighテクは乗らない”

にあり、忘れられがちなLowテクの重要性を強調した企画と内容を心がけております。なお、Lowテクとは技術の高低ではなく、手間暇かかることをキチンとやる(現場力の)ことであり、これがなければモノ作りはできません。

奥伊勢Forumをバックアップする部会としてA)機器分析部会、B)食機能と病態解析部会、C)経営戦略部会、D)国際交流部会を準備中です。会員の方々はこれにもご参加(利用)いただけます。この様なバイオ技術Forumに参画頂くことで今後の各位の研究開発の方向付けだけではなく、先生方との接点で研究依頼(共同研究)の可能性も生まれます。

 

開催場所など
本フォラムの開催場所は三重県多気郡大台町薗にある「奥伊勢フォレストピア」http://okuiseforestpia.com/とし、年に1回、週末(金曜午後から土曜日の昼まで)の一泊二日を予定しております。非日常的な、逃げ場のない環境で密度の高い交流の場作りによる“活性化”が狙いです。

奥伊勢Forum企画委員

アカデミア(社会連携分野)

image1

 松尾雄志氏 京都大学大学院医学研究科特別研究員 三重大学社会連携研究センター 特任教授

       藤田保健衛生大学大学院 客員教授

【米国Yale大学、W. Alton Jones Cell Science Center、Upstate Biotech.,Inc.歴合わせて6年:元大阪大学(微生物病/蛋白質研究所)招聘教授、京都大学大学院医学研究科特別研究員、関西大学非常勤講師、健康科学リソースセンター理事長、生育医療バイオデータベース研究所理事】

エスカオロジー研究所:http://www.escaology.com

一般社団法人 健康科学リソースセンター(RECHS):http://www.rechs.org

yano1

矢野竹男氏 三重大学大学院 地域イノベーション学研究科 教授

【Harvard大学歴2年:免疫細胞学、免疫測定系、PCRアッセイ、機器分析、社会連携、人材教育】

みえ“食発地域イノベーション”創造拠点:http://www.crc.mie-u.ac.jp/mie-shokuhatsu

三重大学研究展開支援拠点:http://www.crc.mie-u.ac.jp/mie-crdi/drrs/aboutus.html

三重大学院 地域イノベーション学研究科:http://www.mie-u.ac.jp/innovation

アカデミア(基礎科学分野)

okumura2

奥村克純氏  三重大学大学院 生物資源学研究科生物圏生命科学専攻 教授

【米国Yale大学歴1.5年、英国Babraham研究所0.5年:食とエピゲノム、細胞生化学、遺伝子・ゲノム可視化技術、脂肪細胞】

三重大学大学院生物資源学研究科 生物圏生命科学専攻分子細胞生物学研究室

http://kyoin.mie-u.ac.jp/profile/1637.html

http://www.bio.mie-u.ac.jp/ldb/info.php?id=36

saito3

斎藤邦明氏 京都大学名誉教授 藤田保健衛生大学大学院 教授

【米国NIH歴7年:細胞生物学、メタボローム解析、病態生化学、薬効予測、抗感染作用、フィトケミカル、健康科学リソースセンター副理事長】

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 基礎検査展開学講座細胞生物学教室:
http://www.saito-lab-kyotouniv.com

企業

tsuji1

辻保彦氏 辻製油株式会社 代表取締役会長

【根幹事業となる植物油生産の他、天然乳化剤“レシチン”の開発に着手。従来からの企業間取引事業に加え、新たに個人向商品の開発と販売を展開。地域振興施策として地元産農産物を使った機能性食品の開発、環境保護活動として地元間伐材を使ったバイオマス熱利用を実施、産学連携事業として三重大学と共同研究室を開設。】

辻製油株式会社:http://www.tsuji-seiyu.co.jp

社長様お写真

辻威彦氏 辻製油株式会社 代表取締役社長

辻製油株式会社:http://www.tsuji-seiyu.co.jp